ゲームも写真も楽しい

Shadowverse・写真・好きなものを中心に色々書くブログ

Artifactドラフトの初期配置と思考時間圧縮

頑張って書いてもいいんですけどめんどうなので雑記に近い形で書きます。見にくいかもだけど許してね。中身はそんなにないです。

 

 

はじめに

ドラフトでヒーロー・カードをピックし終わっていざ組もうと思ったとき、ヒーローは決まってるもののどの順番で出すか決まらないことがあるかと思います。多分。

初期ヒーロー配置の思考法はそういうときに役に立てられると幸いです。

ゲーム中の思考時間の圧縮については、Artifactは一手を指せば相手に返せる将棋のような性質があり、Shadowverseのように「1ターンにすべての行動を終えて相手に返す」みたいな感じではないんですね。

まぁShadowverseとかでも思考時間の短縮・圧縮というのは重要かと思うんですが(アーティファクトネメシスとか)、3面分考えなきゃいけないので多分色々考えることが多いと思っています。自分的にですが。

なので、そういう時どう考えれば圧縮して重要な部分だけ上手に解を出せるかっていうのを少しだけ書いておきました。ちょっとでも参考になれば幸いです。

 

初期ヒーロー配置の思考法

赤・青・緑・黒と4色あるのですが、大まかなリーダーの性質上スタッツは赤が一番高いです。逆に青が一番低い傾向にあります。

スタッツが低いと何が起こるかというと「序盤で相手に食われる可能性が高くなる」ということです。この可能性を低くするためには序盤に赤を出すことが挙げられます。

また、黒は攻撃力が高いがライフが低く、緑は黒とは逆の傾向にあります。

そのため、序盤で黒と緑がぶつかると、大抵は黒が一方で緑を取ることになります。

 

ゆえに、相打ちであればまだ後につなげることができるので、黒を優先させたほうがいいかと思えます。

しかし、この時赤と当たると防御があるため一方的に黒を取られる可能性があります。

ですので、緑と黒についてはデッキの中身・シグニチャとよく相談して決めてください。まぁ序盤1つのレーン取られても割と返せますが、2つのレーンで一方的に取られると巻き返すのが大変です。

 

赤 >>(緑・黒) >> 青

 

ゲーム中の思考時間の圧縮について

自分的には、このゲーム途中で全体について悩みすぎて時間が足りなくなると思うんですよね。それも結構な頻度で。

なので、考えるときにどうすればいい感じに圧縮できるかなと考えた結果、とりあえず実践してるのは以下の二つです。参考になるかは別ですが、今はこんな感じでやってます。

 

  1. 序盤でおおよその攻め方を考えておく。(2つのレーンをなぁなぁにしながら1つのレーンで80ぶったたくのか、2つ40削るのか等)
  2. 「先にヒーロー潰されるとカードがプレイできない、かつ、それがゲームエンドに関わるか」「レーンを潰されてももう一つのレーンを先手を取ることでゲーム全体を返すことが出来るか」など、あらかじめフォーマットのようなものを作っておく。このようにすることで、考えるときの「何を考えるべきか」という部分を省くことができる。(フォーマットについては様々だと思うので、個々人でいい感じのを見つけたほうがいい)

圧縮については、その時その時で考えるのを細かな修正に使い、基本的に練習で得たフォーマットに基づいてやっていくのが一番楽な気もします。

書いてみるとまぁ当たり前のこと書いてる気がするのだけれど、ここの部分がしっかりしてないと時間足りずに変なプレイして負けたりすると思います。圧縮して、余った時間で大局的に考えてどう試合を持っていくか考えられるといいかもしれないです。

 

 

まだ始まったばっかです。日本でも大会あるといいなぁ。